設備投資は財務諸表のどこに表れる?貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書別にご紹介!

 

設備投資とは?財務諸表における意味をチェック!

設備投資って何?

投資とは、将来の成果を得るためにお金を投じていくことです。

自己投資、株式投資、事業投資などなど…。

 

このうちの1つである設備投資とは、建物を建設したり、機械を購入したりすることを指します。

より具体的には、以下のようなケースがあります。

・工場や研究所の建設

・生産ラインの増設

・新規出店

・物流センターの建設

 

企業は、これらの設備を通して事業を拡大し、さらなる利益の増大を目指すのです。

設備投資の場合、1回の投資額が大きくなりがちなのも1つの特徴ですね。

 

財務諸表における意味とは?

「お金」と「設備」の交換を表す

建物や機械を購入するにあたっては、まずお金を支払う必要があります。そのお金と引き換えに、設備を手に入れることができるのです。

つまり、「お金」という資産が減り、同時に「設備」という資産が増えるのです。

財務諸表上では、この資産の入れ替えを表現する必要があります。

 

使用開始後、「設備」の価値が落ちることを表す

購入した設備は、使用するにしたがって消耗・劣化し、その価値が落ちてゆきます

そのため、財務諸表上では、「設備」という資産の価値を減らしていく必要があるのです。

同時に、「設備」を使用することで発生する費用を表さなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

 

財務諸表3つの役割を簡単におさらい

財務諸表を代表する3つと言えば、貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書です。この3つの役割をさらっとおさらいしておきましょう!

 

まず貸借対照表(BS)は、決算日時点での資産・負債の一覧を表したものです。企業がどんな財産を持ち、どんな支払い義務を抱えているかが分かります。

次に損益計算書(PL)は、1年間の収益・費用を項目ごとに表したものです。収益と費用を足し引きした結果、1年間でどれだけの利益を稼いだかが計算されています。

最後にキャッシュフロー計算書は、1年間の収入・支出の内容を表したものです。それらの結果として、1年間でキャッシュがどれだけ増減したかが分かります。

 

 

はじめは、貸借対照表とキャッシュフロー計算書に動きがある

購入した設備は財務諸表のどこに表れる?

設備を購入した時に変化が表れるのは、貸借対照表とキャッシュフロー計算書です。

 

資産の一覧を示している貸借対照表では、設備の購入に使った現預金が減り、代わりに購入した設備(有形固定資産)が増えます

(※後払いの場合は、現預金が減る代わりに、負債の1つである未払金が増えます。)

 

また、キャッシュの出入りを表すキャッシュフロー計算書では、設備の購入にあたって支払われた金額がマイナス表示されます。

具体的には、キャッシュフロー計算書のうち、「投資活動によるキャッシュフロー」のパートの「有形固定資産の取得による支出」という項目でマイナス表示されます。

するっと理解!「キャッシュフロー計算書とは?」見方を1から学ぼう

2017.11.30

 

物流センターを作っているアスクルの例

オフィス用品などの通販で事業を拡大しているアスクルは、2016年11月からアスクル最大の物流センターを関西に建設し始めました。

 

アスクルの貸借対照表を見てみると、建設当初の2016年11月20日時点では3億円にも届かなかった「建設仮勘定」が、9ヵ月後の2017年8月20日には59億円にまでふくらんでいます

「建設仮勘定」とは完成前の建物や機械を表し、貸借対照表では有形固定資産の1つの項目として表示されます。

物流センターの建設に伴い、キャッシュが支払われ減っていくと同時に、支払われた金額だけ「建設仮勘定」が増えているのです。

【まるわかり!】建設仮勘定とは?計上タイミングや減価償却・減損するのかもすっきり理解!

2018.02.03

 

今度は、物流センターの建設期間中にあたる、2017年5月~11月のキャッシュフロー計算書を見てみましょう。

「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「有形固定資産の取得による支出」の金額は、前年同期は̠-14億円であったのに対し、当期は-98億円にまで増えています

前年は大きな設備投資は無かったために、ここまで金額に差が出たのです。

 

 

設備を使い始めると損益計算書にも変化が出る

購入した設備をいよいよ使い始めたとき、財務諸表にはどんな変化が表れるのでしょうか?

 

貸借対照表では、使用することで設備の価値が減っていく様が表現されます。使用する期間にわたって、対象となる有形固定資産の残高が減っていくのです。

同時に、有形固定資産が減った金額だけ、損益計算書の費用に減価償却費が織り込まれます

 

有形固定資産を使った分だけ残高が減り、同時にその分だけ費用が生ずること…これが減価償却です。

減価償却の詳しい仕組みについてはこちら(↓)で解説しています。

初心者向け「減価償却とは?」のやさしい教科書!意味やメリットをわかりやすく解説

2017.11.12

 

 

スポンサーリンク

まとめ

1.設備を購入する際、貸借対照表上では、支払った金額だけ「現金及び預金」が減る。同時に購入した設備に該当する「有形固定資産」が増えるキャッシュフロー計算書では、支払った金額が「有形固定資産の取得による支出」としてマイナス表示される

2.購入した設備を使うことで、貸借対照表「有形固定資産」が減っていく。同時に、減った金額だけ損益計算書費用に減価償却費として織り込まれる

 

減価償却費は損益計算書のどこにある?売上原価に含まれる減価償却費とは?

2018.01.23

【オススメ】企業の経営戦略を知る方法!設備投資計画から企業の未来を予想しよう

2017.11.30