「仕訳ルール」が10倍分かる3つの法則!仕訳例で書き方のコツを押さえよう

 

仕訳の基本を学び始めたハニー姫。前回は、仕訳の意味や役割を理解しましたね😊

ウリまる
今回は、具体的な「仕訳の書き方」を学んじゃいましょう🎵
ハニー姫
私が仕訳を書くの?む、難しそうだわ…💦

 

大丈夫!

はじめての方にもわかりやすく、簡単な例を使いながら学んでいきますよ~😊

 

この記事も含めた仕訳シリーズ(全4回)では、仕訳の意味やルールを解説していきます✨

 

 

前回までのあらすじ

人生初の決算を終えたハニー姫🐰✨

決算書の基本のキである仕訳について、1から勉強を始めましたよ✍

 

勘定科目には何を書いたらいいの?

前回のおさらい~仕訳の役割とは?~

仕訳とは…

「左右それぞれに書かれる勘定科目と金額によって、企業の活動内容を表すもの」

 

ハニー姫
…というのは分かったけど、左右の勘定科目に何を書けばいいのかが分からないのよ💦

 

…というハニー姫も大丈夫!

ウリまる
まず、ここで思い出して頂きたいのは、「仕訳は企業の活動を複数の側面から捉えるものという重要ポイントなんです✨

 

たとえば、100円の商品を売った時の仕訳を見てみると…

 ①お金が100円増えた

 ②稼ぎを100円積み重ねた

という2つの動きが表されています💰

 

もう1つ、100円のお金を借りた時の仕訳を見てみると…

今回は、

 ①お金が100円増えた

 ②借金が100円増えた

という2つの動きを表した仕訳になっています😊

 

2つの仕訳は、いずれも「現預金 100」という記載によって「100円のお金が増えたこと」を表しています。

 

ところが…

ウリまる
仕訳の右サイドを見ると、2つの例で書いてある内容が異なりますよね

1つ目の例では、「売上高 100」によって「100円は自ら稼いだものであること(稼ぎ力アップ)を、

2つ目の例では、「借入金 100」によって「100円は借りたものであり、いずれ返済しなければいけないこと(負債アップ)を表しています。

 

このように、

仕訳は、お金の動き以外に…

🔸稼ぎ力の変化(売上高や費用の増加・減少)

🔸財政状態の変化(資産、負債、資本の増加・減少)

も示しているんですね😉

 

 

会社を始めてから様々な活動をするようになったハニー姫ですが…

ハニー姫
それぞれの活動で、どんな勘定科目が稼ぎ力や財政状態の変化を表すのか分からないものもあるわ

企業の活動パターンは数えきれないほどありますからね✨

さらに仕訳の中には、お金の動きは一切記載されず、稼ぎ力や財政状態の変化のみが表れているケースもあります。

 

ウリまる
いろんな活動パターンと仕訳例を見ていけば、自然と身につくようになりますよ!

こちらのシリーズでも、これからもたくさんの仕訳をご紹介していきます🎵反復練習でメキメキ力がついていきますよ💪

 

スポンサーリンク

 

仕訳の左右どっちに書けばいいの?

「左右どちらに書くか?」を決めるコツ

 

ハニー姫
仕訳って左右それぞれに金額を書くところがあるけど、どっちに書けばいいのか分からないのよ~

そんなハニー姫には…

ウリまる
まずは、仕訳の左右それぞれがどんな仕事をするのかを押さえましょう✨

 

前回のおさらいになりますが、

そもそも公表前(決算段階)の決算書は、このように貸借対照表と損益計算書が一体となった形(=試算表)をしています。

ピンクの線で切り離すことにより、貸借対照表に、損益計算書になるんです😊

ポイントは、資産・負債・純資産・収益・費用の左右位置(借方か貸方か)は決まっているということです✨

 

この決算書、1年間の企業の活動成果を表しているのですが、

実は、1年間の仕訳をすべて集めてくっつけて出来上がったものなのです。

 

たとえば、「100円の借金をした」時の仕訳はこのようになりますが…

 

この仕訳を、その時点での決算書にそのままくっつけると…

 

            ↓↓↓

 

    

 

このように、決算書に変化が出ましたね😊

現預金100円分だけ資産が大きくなり、

借入金100円分だけ負債も大きくなっています

 

仕訳は、決算書の5つのグループ(資産・負債・純資産・収益・費用)を増減させる役割を持つのです!

 

今回は「100円の借金をした」という1つの企業活動を取り上げましたが、企業は1年を通してたくさんの活動をしています。

その1つ1つの活動が仕訳に置き換えられ、このように決算書を形作っているのです。

 

 

ウリまる
ここでのポイントは、仕訳をそのまま決算書にくっつけているということです

今回の「100円の借金をした」という活動は、このように言いかえられます💰

 ①100円の現預金(資産)増えた

 ②100円の借入金(負債)増えた

 

この変化を決算書に反映させるためには、

仕訳を通じて、決算書の資産を100円、負債も100円増やす必要があります!

 

ウリまる
決算書では、資産左側に、負債右側に書いてありますね

仕訳の左側資産である「現預金 100円」を、右側負債である「借入金 100円」を書けば、

仕訳と決算書をくっつけた時に、決算書の左側資産を100円右側負債を100円増やすことができます✨

 

仕訳の左右を決めるポイント【勘定科目が増える時】

①決算書の5グループのうち増加させるべき項目の左右位置(借方か貸方か)を把握する

   ↓

②仕訳では、決算書での5グループの位置に合わせて増加させる勘定科目の左右位置を決める!

 

 

ハニー姫
資産とか負債が、決算書の左右どちらにあるのかはどうやって覚えたらいいの?
ウリまる
それはもう、そのまま覚えちゃってください!!

 

 左側資産、費用

 右側負債、純資産、収益

これはもう、丸暗記でお願いします!ということですね😊

 

ハニー姫
えっ、ええっ…💦

 

スポンサーリンク

 

決算書の5グループが減る時の仕訳はどう書くの?

 

ハニー姫
さっきは現預金とか借金が増える時の仕訳の書き方を見たけど、減る時はどうやって書くのかしら?
ウリまる
減る時の仕訳では、決算書での位置とは左右反対の欄に書いてくださいね

 

たとえば、「借金100円を返済した」場合の仕訳はどう書くでしょうか?😉

 

この活動は、以下のように言いかえられますね✨

 ①現預金(資産)が100円減った

 ②借入金(負債)が100円減った

 

決算書では、資産左側に、負債右側に書いてありますが…

ウリまる
5グループの項目を減らす時の仕訳では、決算書での位置と左右反対の欄に書きます。

ということで、こうなります✨

決算書では左側にある資産が仕訳では右側に、

決算書では右側にある負債が仕訳では左側に書かれていますね✍

 

 

この仕訳を決算書にくっつけてみましょう😊

左右位置が反対の仕訳は、その項目が減ることを意味しますので…

 

          ↓↓↓

 

このように、元の決算書から、資産が100円、負債が100円減ります。

 

仕訳の左右を決めるポイント【勘定科目が減る時】

①決算書の5グループのうち減少させるべき項目の左右位置(借方か貸方か)を把握する

   ↓

②仕訳では、決算書での5グループの位置とは左右反対の欄に減少させる勘定科目を書く!

 

 

仕訳の鉄則!「左右の金額は○○する」

では、最後は簡単にいきましょう🎵

ウリまる
仕訳の左右の金額は一致します✨

今回は、仕訳の左右それぞれに1項目ずつ入っているパターンを見てきましたが、

中には、片側だけで2項目や3項目入るケースもあるんです!

ウリまる
そのケースでも、左右の合計金額は必ず一致するんですよ

 

スポンサーリンク

まとめ

1.仕訳は、お金の動き以外に、稼ぎ力や財政状態の変化も表す。

2.仕訳に書く勘定科目や金額は、決算書での5グループの配置(資産・費用…左側、負債・純資産・収益…右側)に合わせて左右位置を決める

3.仕訳の左右に入る金額の合計は、必ず一致する。

 

次回は、仕訳を学ぶ上でのキーワード「借方」「貸方」について学んでいきましょう✨

スッキリ解決!借方・貸方の意味や違いとは?仕訳のコツもわかりやすく解説

2018.12.17

 

おすすめコンテンツ(広告含む)